2012/12← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2013/02


xxプロフィールxx

shigitoki

Author:shigitoki


バイクとカメラが現在のメイン趣味。
バイク:HONDA CL400
カメラ:RICOH GXR
    FUJIFILM X-M1
が現在の相棒です。







xxINFOMATIONxx
  • RSS

xxSEARCHxx

shigiフォト日々徒然 はRICOH GXR/FUJIFILM X-M1で撮った写真をつらつらとご紹介するブログです。
スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) * Page top↑


NOKTON Classicの絞り 
2013/01/21 /00:23
独特の描写をするNOKTON Classic 40mm。
絞り開放では被写界深度の浅さも手伝い、大変ソフトな写真になります。
悪く言ってしまえは描写が甘い、ですが、個人的には好みですね。

折角なので、絞りを変えての撮り比べをしてみました。
手持ち撮影、Exifに絞り値が記録されないので設定はうろ覚え、
というアバウトな比較ですが…@汗


絞り開放F1.4。中央の赤い実にピントを合わせたつもりですが、
合ってるかどうか分からない程ソフトな描写です。


1段絞ってF2.0。
ボケは小さくなりますが、まだまだソフトです。


更に2段絞ってF4.0。
ここからカリっとした描写に切り替わります。
F2.8は描写の中間点ですねー。(被写体ブレで撮影失敗)


一気に絞ってF8.0。
F5.6らしき写真が無いのでF8.0だと思います@汗
被写界深度も深くなり、シャープな描写。F5.6か8.0で最も解像力が高くなります。
しかし、いわゆる「カリカリ」ではなく、どことなく暖かい描写ですね。


並べて比べると、描写の変わり方が良く分かって面白いですねー。
絞り開放は特殊ですが、折角の明るいレンズなので積極的に使いたいです。

スポンサーサイト
未分類 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑




xx HOME xx



 Copyright © shigiフォト日々徒然 All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
 ※このブログに掲載されている記事・写真・画像を無断で使用することを禁じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。